地主様が先祖代々土地だけを貸してきた底地(貸地)。関東大震災や戦後の住宅不足の中、ご好意でお貸しになられた方が多いようです。しかし、時代は流れていきました。いまや借地人の権利のほうが強くなりました。貸した土地は簡単には還ってはきません。多くの地主様は言います。地代はずっと上げてないのに固定資産税などが上がり、ほとんど収入にならないと。そうした苦労の中で、世代交代で借地人との関係も希薄になり、様々な権利義務を背負い、地主と借地人の関係で保有し続けることが大変になってくることは自然な流れなのかもしれません。 このような、ご相談は年々増加傾向にあります。しかし、借地権付きの土地としてどうやって売るのか。借地人様に黙って売ることができるのか。アバンダンスは法律的にどうこうというだけではなく、心情的にどうか。そのあたりまで考えをいたらせます。

どうぞ、お気軽にご相談ください。アバンダンスは無料でご相談を承ります。まずは、借地借家無料相談窓口にお問い合わせください。

  • 底地権買取り(共有持分もご相談ください)
  • 借地権買取り
  • アパート、マンションの買取り(居住中でも問題ありません)
  • 土地、家屋賃貸借契約に関する提案及び請負業務